スティック型掃除機にホースを付けてみた

まずはこれが使っている掃除機。

TC-4261

 

TWINBARD社製のTC-4261(2005年製)

上京するときに祖母がくれたものである。

まぁ、テレビショッピングで「2台で9,800円」とかで買ったものだと思う。

 

この掃除機だが、見て分かるようにスティック型である。

スティック型は置き場所のスペースをとらないことはいいのだが、形状から床意外の掃除には使いづらい面がある。

PCの内部に溜まった誇りを吸い出そうにも不思議な格好になってしまうし、細かいところには埃が残ってしまう。

こういう時はホースが欲しくなります。

 

 

ということで、ホースを付けてみました!

DSCF0147

不格好だし、スイッチがハンドルにしかついていないのですぐ手元でオン・オフすしづらいかなっていうのはありますが、それでも便利になりました。

 

それでは作り方

①ホースを買ってくる

DSCF0137

 

買ってきたものは洗濯機の排水ホース。

掃除機用の延長ホースがあれば、それを買えば、はい終了!なのです。が、そういった商品はあまり見かけないので排水ホースにしました。

何より安価で手に入るものなのが嬉しいですね(*^_^*)

 

②ホースの両端はこんな感じ

DSCF0138

洗濯機側(左)・・・柔らかい

排水口側(右)・・・固い

 

③それでは加工してゆきます

DSCF0140

加工するのは固い方です。

そのまま使えないかと考えたのですが、根元の部分の口径が大きいため、削ることにしました。

 

④削ったもの

DSCF0141

 

無理矢理ペンチで割ったので、一部ボロボロになりました。

(外側の表面だけなので、実用的には影響ありません。)

 

⑤テープで巻いてみた

DSCF0142

削った部分が危ないので、テープを貼りました。

傍にあった布ガムテープを貼りましたが、ビニールテープのほうが差し込んだ時の密着度を高める意味でも良いかもしれません。

 

⑥本体に差し込む

DSCF0144

いい感じに嵌まりました。

 

⑦ヘッドをつけてみる

DSCF0146 

ぴったり嵌まりました。

ヘッド側のホースの先が柔らかいので、いろんなものが取り付けられます。

例えば100円ショップで買ってきたブラシ付きノズルとか。

DSCF0145

これ、ほんとうに便利です。

収納する時はホースを外して、本体に巻いておけば場所は取りません。

見た目さえ我慢できればいいこと尽くしです。オススメ!

 

 


One Thought on “スティック型掃除機にホースを付けてみた

  1. じゃっきー on 2014年9月19日 at 4:08 PM said:

    サンキュー!参考にさせてもらうわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。