二次創作について考える

二次創作は、同人活動等ででよく用いられますね。

あたしも昔やってました。

 

版元のメリットとしては、作品やキャラクターを有名にしてくれるという大きな点があるが、デメリットも存在する。

それは、キャラクターがひとり歩きしたり、18禁もので作者の想定外な方向に向かったり、同人作品のシナリオが優秀すぎて、作品そのもののネガキャンになってしまったりなど。

 

基本的に、版権元が許可していれば利用できるわけですが、ここで今日の記事。

ニトロプラスが二次創作のガイドラインを改定 「委託禁止」「200個以内・10万円未満」に賛否両論

この制限は、どういった理由で設けられたのでしょうね。。。

例えば有名サークルが同人誌出したとして、部数制限かかった状態だとしたらプレミアついちゃうんじゃないですか?

そのせいでまんだらけとかの販売価格や、オークションでの転ば・・・中古販売時の値段の吊り上げが行われてしまう懸念もあります。

まぁ、極端な例ではあるんですけどね。。。

 

さて、昨日のV・ファーレン長崎の試合結果ですが

長崎 0 – 1 札幌

負けてしまいましたね。うーん、残念!!

ワールドカップで敗退して、国内リーグの注目を取り戻しつつありますので、どんどん応援していきましょう!!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。