動画の収益化について

以前より、YouTubeなどに動画をアップロードし、収益化を図ることに注目をされている。

そこでこちらのニュースに注目。

ユーチューブ最大のスター、ゲームして年収4億円 – Yahoo!ニュース

海外にはプロのゲーマーが職業として存在する。そういう寛容さの一環なのだろうが、ゲームのプレイ動画・レビューが人気になっているようだ。

 

しかしここで一つ鼻紋が浮かぶ。

ゲームプレイ動画の著作権はどうなっているのでしょうか。

日本国内の法律で言うと、コンテンツの著作者が権利を有するものであり、指摘を受ければ著作権侵害として訴えられてしまうことになる。

しかし、度を過ぎるものでなければ、メーカー側もまず指摘することはない。それは無料で宣伝してもらっていることになるので、機会を減らすことをよしとしないのだと思われる。

 

そこで以下サイトに気になる一文がある。

PS4ゲームプレイをYouTubeで収益化するときの注意点 – Social Network Life

 


 

引用: (収益化可能なゲームについて)

簡単に言うと海外のゲームに関してはほとんど大丈夫です。

日本でも人気のあるアサシンクリード、トゥームレイダーはokです。国内のメーカーについては、個別にお問い合わせから聞く必要があります。 メーカーごとに対応が違うので、共通のガイドラインが出来るとアップロードしやすいですね。


 

TVゲームで言うと、海外のゲームの殆どは問題がないようです。

 

 

当サイトとしましても、動画広告についてなにか面白いことができないか検討しているところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。