数ヶ月ハマったことが解決した日

Flash Professional CS6 / CC でAIR for iOS / AIR for Android を使ってアプリを開発しています。

月末にiOSアプリをアップデートしようとApplicationLoaderで送信 したら、

「application failed codesign verification. the binary you uploaded was invalid. the signature was invalid, or it was not signed with an apple submission certificate.」

というエラーが発生して、アップロード出来ない現象が発生していました。

証明書がおかしいとかの類のエラーです。

 

■確認したこと

・証明書が期限切れではないか

⇒昨年9月に新規登録したので、そのはずはないんだけど(´・ω・`)?

 

・プロビジョニングプロファイルがおかしい?

⇒新規登録時には問題なかったし、突然ファイルが壊れるとは考えにくい・・・。

 

ひと通り証明書、プロビジョニングプロファイルとも作りなおしてみたけど変化なし。

プッシュ通信対応のプロビジョニングファイルにしてみる等もやってみた。

 

・別のマシンでパブリッシュし直す

⇒変化なし

 

・ファイルを別ファイルに保存してパブリッシュ

⇒変化なし

 

・一旦パブリッシュした後Mac上で証明しなおす方法を考えてみた。

⇒未実証

 

■解決方法

バンドルするファイル設定でフォルダを指定しない。

ファイルを同封するためにフォルダを指定して一括で指定できるようにしているが、この状態だとどういう理由か上記のエラーが発生しする。

ファイルを個別に同封指定するとエラーは発生しなかった。

 

ということで、ようやくiPhoneアプリ「ながさきアプリ」をバージョンアップできそうです。

 

iPhone関連ということで、iWatch掲載のiPhone6に関する噂がまとめられていたので・・・

見た目や機能はどうなる? iPhone 6とiOS、iWatchに関する噂をまとめて分析 – マイナビニュース

 

あとこれ。開発用に超激安で放出してくれないかしら・・・。

iPhone 5cの在庫は300万台以上残っている?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。