iOS7.1でad hocアプリをインストールするときの問題点

iOS7.1にアップデートしたiPod Touchでアプリのデバッグをしようとしていたら、

今まで普通にダウンロード&インストールできていたものがエラーが発生して出来なくなってしまいました。

一晩中なやんで、やっと答えが見つかったので、メモ。

 

今までは、.plistファイルを作成して、バイナリ(.ipa)と一緒にサーバにアップロードして、

その.plistファイルに以下の様なリンクを貼る

<a href="itms-services://?action=download-manifest&url=[.plistファイルのURL]">インストール</a>

今までは[.plistファイルのURL]はhttp://~ というURLを利用していた。
iOS7.1からは、SSLに対応させる必要があるらしく、https://~ というURLにする必要があるとのこと。

iOS7.1以降端末へのOTA配信 – Qiita

しかし、これだけでは上手く行かなかった。
SSLの証明書に対して、端末側が信頼していないためである。

ということで、
①サーバにSSLの設定をする
②SSL証明書を端末用(.der)に書き出す。
③Aタグで.derファイルを端末にインストールする

・・・という作業が必要になる。
こちらのサイトにやり方がまとめられており、非常にありがたかった。

iOS7.1にしたらAdhocのOTAインストールできなくなって困った。 – marchEnterprise

これに悩まされて徹夜作業になりました。。

あと、iPhoneのプッシュ通知についてのメモ

①ベストエフォート型なので、100%通知が届く補償はない
②タイムラグがあっても仕方が無い

ということで、定時に通知を出しても、届いたり届かなかったりする他、数分後に通知が行くことがあるようだ。
けっこう雑なんやね・・・。

これから先、iPhone6やiOS8の噂が飛び交うと思いますが、とりあえずiOS8の画面が流出したとかなんとか。

iOS 8のスクリーンショットが流出 ―新アプリを追加か – ガジェット速報

そういえば、プリインアプリで使わ無いものって結構あるよね?
使うアプリは、マーケットで選ぶからね。

あるあるでした(*^_^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。