ミルクセーキ東京遠征2015・ステージ探訪【目黒ライブステーション】

それでは2日目の1ステージ会場となる【目黒ライブステーション】です

『[MEGURO アイドルワンダーランド vol.6]~キューティフレッシュビックバン~』

8月16日 11時15分~

詳細はこちら

 

■会場はどんなところ?

目黒ライブステーション

250~300人収容でき、幅広いジャンルで Jロックシーンを盛上げてきた殿堂と言われている会場とのこと。

■アクセス

・JR目黒駅東口より徒歩約2分

 

今回、最寄りとなる「目黒駅」からのアクセスについて紹介します。

目黒map

東口を出て、目の前の横断歩道を渡ったら、マクドナルドや31を横目に目黒通り沿いを道なりに進めばすぐです。

日高屋の地下なので、看板を探しましょう。

ミルクセーキ東京遠征2015・ステージ探訪【TOKYO FMホール】

8月15日-16日MilkShake(ミルクセーキ)の東京遠征が予定されています。

15日に1会場2公演、16日に3会場3公演となっています。

本記事は、その「ライブ会場に行ってみた」という内容になります。

残念なことに、当日は入れ違いに長崎に帰省中であり参加することが出来ないため、雰囲気だけでも味わいたい趣旨と、参戦される方が会場を訪れる際のヒントにでもなれば幸いです。

 

それでは1日目の会場となる【TOKYO FMホール】です

『アイドルプラネット2ndAnniversaryLiveDAY』

8月15日 DAY 11時~ / NIGHT 16時~

詳細はこちら

 

■会場はどんなところ?

TOKYO FMホール 入り口

座席数が200~300人以上様変わりし、目的に合わせてステージが移動できる多機能ホールとなっています。

■アクセス

・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約3分
・東京メトロ有楽町線「麹町駅」下車 (1)(2)番出口より徒歩約6分

今回、最寄りとなる「半蔵門駅」からのアクセスについて紹介します。

 

出口は(1)番出口を利用しました。国立劇場方面を目指すとわかりやすいです。

地図でいうとこんな感じ。

半蔵門map

 

1番出口を出て、右前方の交差点をま~っすぐ行って、皇居の内堀が見えたら左折するともう到着です。

大きい会場ですので、わかりやすいですね。

 

注意点としまして、この周辺は、皇居ランナーをサポートする拠点が多く点在し、一般の方々がよく走っております。TOKYO FMホールのB1Fにもそういった施設がございますので、ご迷惑にならないように注意したいですね。

生メールについて考えてみたこと

応援しているMilkShake(ミルクセーキ)が、生メールを利用したサービスを6月から実施しているのですが、その生メールについて考えてみたので載せてみます。

 

生メールとは?

  • 株式会社セガホールディングスの子会社である「株式会社インデックス」が運営している。
  • 「アイドル」「グラビアアイドル」「声優/アニソン歌手」「ビジュアル系アーティスト」から、メールが送られてくるサービスである。
  • 声を送ることができる生ボイスというサービスもある。
  • 受けたメールに返信でき、アーティストに読んでもらうことができる。

サービス内容からしますと、アーティスト側から気軽に送れるメルマガといった感じでしょうか。

はじめから有料という性質上、アーティスト既存のファン向けが中心となってしまうところは仕方がない。

あたしはミルキー8人分の登録をしており、Twitterのつぶやきより濃い内容や画像が送られてくるので、ファンとして嬉しいことを提供してくれるサービスなのです。

 

次に生メールの問題点を考えてみましょう。

ここで申し上げておきますが、あたしは生メールの一般ユーザーであり、運営側ではございません。

 

■生メールの問題点

  • アーティストのモチベーションで生メールの配信数、生ボイスの配信数に差が出る。

又聞きした話ではあるが、生メールや生ボイスを月に1度しか送らないアーティストがいるのだとか。毎日送ってくれるアーティストと比較した時、同じ料金だと不公平ではないかというのだ。

確かに不公平感は大きい。それが”普通のメルマガ”ならばの話だ。

何が言いたいかって言うとね、配信数が確約されたメルマガではないですし、「好きなアーティストでしょ?そういう人なんでしょ?」ってこと。

不要だと思うのなら解約すればいいだけの話ですよと。

アーティストさんも、一生懸命送信数を増やそうとしてくれてる方もいるようですが、基本の活動の時間まで削るようになるのであれば元も子もないような気がします。

 

  • WEBサイトの対応ブラウザ問題

Androidだと標準ブラウザしか対応してなかったりするわけです。個人的にはスマホ専用にせずに、PCからも登録操作させてくれって思うんですけどー。

いや、ブラウザ対応が大変なのはよく分かります。でも有料サービスへ誘導するのですから、そういった意味での入り口は広いほうがいいと思いますけれども。

 

  • 料金値上げ問題

来月から(ユーザーによっては9月から)とのことですが、

300円/月 → 500円/月

と基本料金が変更される。

規約上も記載されていますので問題ございませんし、サービス料金値上げなんて珍しいことではありません。上げ幅66%は上げ過ぎだと思うんですけど。

この影響で、生メールを今月をもって全解除することを決断しました。

とても悩みましたが、2,400円→4,000円 となるのがさすがに辛いのです。

取る人と残す人を選んで整理するのもアリですが、シェイキーになった時の誓から、それは致しません。0か1しかないのです。

ここで声を大にして言いたいのですけど、生メールを解除したからといって、ミルキーへの愛が無くなったわけではありません。生メールの価値は500円であっても十二分に満足できる価値があると、断言します。

あくまで生メールはツールなのです。好きなアーティストを応援する方法の中の一つに過ぎないのです。

 

応援する方法は他にいくらでもある。あたしなら、他の方法を考えてみたい。既存の方法に頼らず、新しい何かを作ってみたいと思うのです。ただのわがまま、いえ厄介かもしれませんが。

 

さて、ここで生メールの値上げの目的について考えてみましょうか。

(以下生メールサイトより抜粋)

【1.アーティストへの利益還元をおこなうこと】

まず驚き。アーティストへの利益還元はできている・・・と。

そもそも登録人数ひとりあたりいくら還元しているのでしょうか?

収益性が悪いって、事業採算の計算ができてなかったってことですかね?

 

【2.アーティストの露出の場を創出すること】

アーティストの露出の場ってことですが、アイドル甲子園に協賛されていますよね。

知ってる人からすれば出演者が豪華だったりしますし、ステージを増やす意味でもいいことなのですが、エゴサしますと、場所によってはガラガラの場合があるとのこと。

収益が悪いのって、これが原因ではないのですかね?少し減らされてはいかがでしょうか?

 

【3.ファンとの接点を多く設けること】

機関サービスと、先行云々でしょうか。

配信システムで、一時的に見れないってひとがいたようですので、システムについて改善をお願いしたいところですね。

 

思うんですけど、手を広げ過ぎではないでしょうか。

まず収益を安定させてから次に進めるようにしないと、再び値上げをして、ますます信頼性を落とすことになってしまわないか心配です。

バックにセガがあるからと驕ってしまうようでは将来が見えない、そんな気がします。

 

生メールについて、思うことを並べてきましたが、これらはあたしの勝手な見解です。ご了承くださいませ。

(´-`).。oO( 副収入がもう少し得られるようになったら、再び登録してもいいかなぁ。。。 )

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。