STAP細胞の行方

STAP細胞:「あったらいいなの夢があった」若山教授 – 毎日新聞

まだ検証中なんじゃないの?なんか、存在しない発言っぽいんだけど。

 

「解析はすべて、STAPの存在を否定」若山教授会見1 – 朝日新聞

なるほど、あるという証明ができないってことなのですね。

 

「マウスが1000匹以上必要なのでは」若山教授会見2 – 朝日新聞

実験不足ってことですかね。

 

「実験ノート一度も見たことない」若山教授会見3 – 朝日新聞

ものすごく短絡的で的はずれなのかもしれませんが、この研究チーム内のコミュニケーションが上手く取れていなかったんじゃないですかね?

しっかりとしたコミュニケーションが図られていたのなら、実験ノートとか論文の内容のおかしな部分も誰かが指摘できたんじゃないのかなって思った。

 

それぞれ専門分野ごとに研究し、それをまとめているっていう構図は、日本のHII-Aロケットの設計に似てると思う。それぞれ違うメーカーが作った部品を使っているから、組み立てたあとちゃんとロケットとして運用できるかが重要となる。もしサイズ違いなどあれば、発射することができなくなってしまうから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

Post Navigation

妄想基地 MSBはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。